ちくまの教科書 > 国語通信 > 連載 > 古典を読む > 『竹取物語』冒頭を読む(その1)

古典を読む

文章に即して古典を読む

『竹取物語』冒頭を読む(その1)

1 / 2 / 3 / 4 次のページへ

●『竹取物語』冒頭の二つの係り結び

 今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむ言ひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。
(『精選国語総合 古典編 改訂版』22頁1行目/『国語総合 改訂版』235頁1行目)

 『竹取物語』は、このようにはじまる。この冒頭部分は、古文の入門教材の位置に置かれていることが多い。ここで「名をば、さぬきの造となむ言ひける。」「その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。」の二つの係り結びを教師は説明し、教えていく。「なむ」は、強調の意味をもつ係助詞で、これがあると連体形で結ぶ、と教える。

 ところで、なぜここに係り結びがあるのか。なぜ「名をば、さぬきの造と言ひけり。」「その竹の中に、もと光る竹一筋ありけり。」となっていないのか。このことは、これまでほとんど問題にされてこなかったのではないか。教師用指導書も、係り結びには触れていても、なぜここが係り結びになっているのか、ということは全く問題としていない。

 現代文を読む場合、文章の中に強調の表現があるならば、そこがなぜ強調されているのか、また強調されていることの効果を考えようとするだろう。係り結びは、古文独自の用法である。だから係り結びを教えればよいというのでは、古文を読むおもしろさは半減してしまうのではないか。

1 / 2 / 3 / 4 次のページへ
ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ