ちくまの教科書 > 国語通信 > 連載 > 「高ため」を黙読する授業第二回(1/6)
(この連載は、機関誌『国語通信』1996年春号~1999年春号に掲載された文章を転載したものです。)
服部左右一(はっとり・さういち)
愛知県立小牧高等学校教諭
元愛知県立小牧工業高等学校教諭
『高校生のための文章読本』編者
筑摩書房教科書編集委員
長年「表現」分野の指導メソッド開発に携わる。
第1回 わたしのアンソロジー
第2回 密室をつくる
第3回 逆習シール
第4回 テキストを編集する
第5回 モーツァルトへの手紙
第6回 教室に風を入れる
第2回 密室をつくる
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 次のページへ

1 三年生だけじゃなく、二年生でもやってみた

 『国語通信』第三四六号(一九九六年四月一〇日発行)に、「わたしのアンソロジー」という文章を書いた。「高ため」三部作の一冊『高校生のための小説案内』を授業の時間に黙読し、生徒一人ひとりがノートを作る授業を「わたしのアンソロジー」と名付けたのだった。

 指定された作品を黙読したあと、次の五つの項目を一ページ内に書くことが授業の中身になっている。

 ① 作者紹介を写す。(客観的知識)

 ② リードを写す。(編集者からのメッセージ)

 ③ 本文の中からもっとも気に入った箇所を三行以上書き抜く。(作者からの声)

 ④ ③についての感想を一行以上書く。(読者のオリジナリティをちょっぴり)

 ⑤ 覚えたい漢字を一〇語以上書き出す。(ことばの学習)

 毎時間ノートを点検したが、生徒の作った「わたしのアンソロジー」の③と④の項目は目を見張らせるものがあった。教室での音読を毛嫌いするかれらだが、読むこと自体は嫌いでもないのじゃないかと認識を改めさせられた。読まされることがイヤなのだ。とりわけ教室で音読させられることがかれらには耐えられない。

 指名されて音読させられるときの逃避的な、ときには反抗的とも思えるいつものふてくされた態度と比べると、「わたしのアンソロジー」に表れた生徒のことばはまるで別人のもののように新鮮に感じられた。『高校生のための小説案内』を読んだ若者の反応が教師側にはっきりと伝わってきた。

「高ため」を黙読する授業の当初の目的は、生徒一人ひとりが一時間の内に少なくとも作品を一回は通読することだった。

 卒業を控えた三年生だけを対象にして恐る恐るはじめたが、意外な展開に気を良くしてどんどん大胆になり、二年生にたいしても黙読授業を拡大していったのだった。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 次のページへ
ちくまの教科書トップページへ テスト問題作成システム テスト問題作成システム:デモ版 筑摩書房ホームページへ 筑摩書房のWebマガジンへ お問い合わせ